FFFInternationalが求めること

 〜先進国内だけに目を向けた運動では足りない。誰一人として取り残されることのない気候正義の実現のために私たちはなにをするべきか〜 

 

私たちは今、気候変動の危機、種の大量絶滅、世界的な健康問題、社会経済的不平等の危機などの真っただ中にいます。現行のシステムは、人種差別的で白人主義的な語り口で、最も恵まれた人々の声を強調することに積極的に取り組んでいます。この語り口では、南半球の人々は発展途上で、貧しく、声なき存在として描かれます。北半球の先進国は、何世紀にもわたって、植民地主義、帝国主義、体系的な不正の永続化、そして永遠の成長への固執を通して、このようなことを行ってきました。しかし、南半球の人々や最も被害を受けた地域の人々は、低開発、貧困、声なき存在ではなく、積極的に沈黙させられながら、植民地化や新植民地化の結果と戦っています。彼らは強く、恐れを知らず、意識が高く、何世紀にもわたってこれらの危機の根本原因、つまり北半球の富裕層によって作られた抑圧と不公正のシステムと戦い、対処してきました。

 

気候危機の影響を最も受けている国は、COVID-19のパンデミックの影響を最も受けている国でもあります。北半球の特権階級は、パンデミックに対処するための資源へのアクセスが良いのですが、MAPA(Most Affected Peoples and Areas)は、健康危機の解決に必要なこれらの資源を組織的、制度的に奪われています。パンデミックは、他の長年にわたる政治的・社会経済的問題に加えて、MAPAを荒廃させ続けており、地域コミュニティや組織が気候変動や社会正義のために動員することを困難にしています。また、不公平なワクチンの配布は、グラスゴーで今年末に開催されるCOP26のような重要な気候変動に関する意思決定プロセスにMAPAの多くの人々が参加することを妨げています。このように、グローバルで交差的な気候変動対策を追求するためには、公平なワクチンの入手を求めるMAPAのコミュニティの呼びかけを支援することが不可欠です。これには特に、COVID-19ワクチン技術に対する知的財産権の制限を停止することが含まれます。これらの制限は、事実上、生産を北半球のメーカーに限定するものであり、その結果、MAPAが必要としているワクチンへのアクセスを制限することになります。また、北欧諸国によるワクチンの買い占めなども直ちに中止し、余ったワクチンは無条件でMAPAに無料で配布しなければなりません。

 

気候危機は、人間の安全を直接脅かすものです。昨年だけでも、2020年には、気候災害によって3,000万件の国内避難民が発生しています。しかし、国際法上、気候変動による難民はまだ「難民」とはみなされていません。難民の権利に関する重要な法的文書である1951年の難民条約では、気候に関連する理由は一切言及されておらず、異常気象のために自国を脱出した人々が他国に亡命することを妨げています。このことは、現在直面している気候変動の緊急事態に対して、法的に見ても現行の制度が準備できていないことを示しています。さらに、現在見られる気候難民は、気候危機だけでなく、北半球の国々による搾取によって、すでに最も大きな影響を受けている地域から来ています。このように、気候難民は国を脱出する前から、生命を脅かすような困難に直面していたのです。気候正義のために戦うということは、これらの問題に取り組み、誰も取り残されることのない世界、特に今日の人種差別的なシステムによって最も疎外されている人々が取り残されることのない世界を目指して積極的に努力することを意味します。

 

何世紀にもわたって自然や天然資源に依存してきた先住民は、気候変動や化石燃料産業の影響を強く受け、脅威にさらされています。化石燃料産業は、彼らの土地を奪い、文化を抹殺して森林伐採を行い、自然界を破壊します。気候変動と生物多様性の危機は、地域の植生や動物をかつてないほど絶滅させ、生態系全体を破壊しています。さらに、世界の植物種の約40%が、化石燃料の開発と燃焼に起因する人為的なCO2排出により絶滅の危機に瀕しています。現在、森林破壊は世界のCO2排出量の約10%を占めています。気候正義を実現するためには、エコサイドを国際的な犯罪とすることで、企業や政府の強欲さから自然界を守らなければなりません。そのためには、世界の生物多様性の80%以上を保護している先住民の立場に立ち、彼らの土地、資源、生命に対する権利を守るために団結しなければなりません。

 

北半球は、過剰排出量の約92%を占めており、今日私たちが直面している気候・環境危機の最大の原因となっています。MAPA諸国における人と資源の歴史的搾取は、未曾有の地球温暖化、生態系の崩壊、巨大な不平等をもたらしました。最も影響を受けた地域の人々は、干ばつ、洪水、地滑り、致命的な熱波、飢餓、難民、病気などの増加にすでに苦しんでいます。

さらに、多くの実質ゼロへの道は、地域住民にとって危険な副作用(森林再生のために多くのヘクタールが必要となるため、土地が奪われるなど)を伴うものであったり、企業や政府が実際には排出量削減の責任を負うことなく、「炭素除去」プロジェクト(その効果は広く疑問視されている)にお金を払うことを認めるものであったりします。世界のリーダーたちが投げかけている漠然としたネットゼロ計画ではなく、ロードマップとマイルストーンを伴う具体的な計画と詳細な年間炭素予算が必要なのです。

最新の研究によると、1%の富裕層の排出量は、経済的に最も疎外されている50%の人々の2倍以上です。気候・環境危機の最悪の影響を回避するためには、排出量を大幅に削減しなければなりません。これは、化石燃料からの引き上げを意味し、特に北半球での化石燃料の採取、燃焼、使用を中止することを意味します。

 

気候変動の危機に対処するためには、世界中の資金の流れを見直すことが不可欠です。気候金融の議論は、気候危機によってもたらされた継続的な影響と、MAPA諸国の歴史的および現在のシステム的な略奪の両方に起因する、MAPAに対する北半球の債務を認識することから始まります。北半球の産業界がネットゼロ目標を達成するために、「グリーン」オフセットに資金を提供するだけでは不十分です。MAPAに対する気候変動の負債は、現場のコミュニティが定義し、主導する緩和策や適応策への支援を通じて、賠償金や義務的な支援によって返済されるべきです。さらに、(主に北半球の)最悪の汚染者には課税し、政府や金融機関から化石燃料産業へのキャッシュフローを、環境に配慮した公正な移行に向けて再分配する必要があります。

 

賠償は、当初、人種的正義の運動によって要求されたものであり、したがって、一方がなければ他方も存在しません。気候補償とは、気候危機に大きな責任を持つ人々が、気候変動の影響によって引き起こされた生活、インフラ、コミュニティの生活の損害や損失に対して、MAPAに補償金を支払うことを意味します。適応資金に焦点を当て、賠償金の使途をMAPAに委ねることは、MAPA諸国の債務を帳消しにすることから始まりますが、これは北半球諸国が南半球諸国で生じた損害や心的外傷に対する債務を支払うために、最低限行わなければならないことです。


なぜなら、気候や環境条件が地域社会に影響を与えると、すべての社会的不平等が悪化し、BIPOC、LGBTQ+、少数民族など、すでに疎外されているコミュニティに打撃を与えることになるからです。 

 

私たちは団結して、ディフェンダーや労働者のリードに従い、MAPAの声を増幅させ、グローバル・ノースの代表者にもっと野心的な行動を要求しなければなりません。私たちは共に、誰も取り残されない公正な未来のために戦います。集団行動の歴史的な勝利は、すべての人にとってより良い未来、つまり人と地球が利益よりも優先される未来のために、若者が多部門にわたる世代間の闘争に団結する必要があることを証明しています。

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on email
Email