「衆院選までもうすぐ!

将来世代×各政党 気候変動対策討論会」の開催

 大雨・洪水災害、熱波、森林火災、干ばつ……。人間活動によって引き起こされた気候変動は毎年深刻化し、既に危機として認識されています。このままではあと数年で温度上昇に歯止めがかからなくなります。しかし、対策は未だ不十分であり、このままでは将来を生きる世代の命と健康が危険にさらされます。

 そのようななか、来たる衆議院議員選挙に向けて、私たちFridays For Future Japan(以下「Fridays For Future」を「FFF」と略)はATO4NENと共催で、各政党を代表する方々を交えた討論会を開催します。それぞれの政党が気候危機をどう捉え、どのような政策を掲げているかを広く発信するとともに、この問題の一番の当事者である若い世代の声を共有し、危機への正しい認識を広げることが目的です。

日時:

2021年10月17日(日)19時~21時

配信方法:

オンラインの討論会をFridays For Future JapanのYouTubeアカウントにてライブ配信を行います。

 

↓リンクはこちらになります↓

討論会登壇者(予定):

  • 司会
        • 冨永徹平/大学1年/20歳/FFF Tokyo
        • 原有穂/高校2年/16歳/FFF Yokosuka
  • 質問担当
        • 山本大貴/高校3年/18歳/FFF Tokyo
        • 角谷樹環/中学3年生/15歳/FFF Sapporo
  • 各政党の皆さま:自民党、公明党、立憲民主党、日本維新の会、共産党、国民民主党、社会民主党、れいわ新撰組からお一人ずつ招待

討論会スケジュール(予定):

  • 登壇者紹介、イントロダクション【10分】
  • 討論【(質問5分+討論15分)×4トピック:約80分】
        • ○×形式、もしくは一言で答えられる質問を提示し、登壇されている候補者の方々にフリップなどで一斉に回答いただきます。その後、回答について、候補者の方からの挙手、司会からの指名という形で進行させていただきます。
        • 質問は視聴者向けに背景説明も含めて行う予定ですので、5分という時間を取っております。
        • トピック数は3つなどに絞る可能性もございます。
  • 学生によるスピーチ【10分】
  • 閉会

討論トピック(予定):

  • 2030年以前の石炭火力廃止を目指しますか?(○×形式)
  • 現行の日本の気候変動対策はパリ協定1.5℃目標に整合的であり将来世代や国内外で社会的に脆弱な人々に配慮した責任ある政策になっていると思いますか?(○×形式)
  • 現在の政策決定の方法は十分に若者などの一般市民の意見を取り入れられていると考えますか?(○×形式)
  • 原発を廃止する予定はありますか?また、廃止する場合は、何年に廃止をする計画ですか?(○×形式+廃止年)

選挙前ということで、なるべく多くの方に見ていただきたいと思っています!!周りの方々に拡散いただければありがたいです。よろしくお願いします。

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on email
Email

NEWS