各地FFFのWWFジャパン「脱炭素列島」キャンペーンへの賛同について

 

 Fridays For Future Iwate, Niigata, Saitama, Tokyo, Hiroshimaは、WWFジャパンが行う「地元から、空気変えませんか?脱炭素列島」キャンペーンに賛同します。このキャンペーンでは、47都道府県の温室効果ガス削減に向けた目標を6段階にレベル分け。そのレベルに応じて都道府県の大きさを変え、「脱炭素列島」としてビジュアライズしたWEBコンテンツを公開します。WEB上では、目標の詳細を知ることができ、脱炭素化を応援・後押しするアクションにつなげることができます。

 

 温室効果ガスを排出しない「脱炭素社会」を目指す機運が、世界中で高まっています。日本政府は「2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする」と宣言し、地方自治体にも具体的なアクションプランの策定を求めています。しかし、都道府県によってその目標設定や進み具合はばらばらな状況です。そういった状況を改善し日本全体で脱炭素社会を実現すべく、立ち上がったのが今回のキャンペーンです。

 

 気候危機は、猛暑や、豪雨などの災害、農作物や漁獲量への影響などわたしたち人間、誰しもが少なからず影響する問題です。どこか遠くの将来の話ではないのです。そのための対策は一部の人が取り組めばよいものではありません。誰か一人が声を上げるだけでは足りません、政治家が一人変わるだけでも足りません。日本各地の自治体が危機感を持ち、それぞれの地域にあった形で対策を行っていく必要があるのです。地方自治体はみなさんにより近く、影響を与えられる存在です。地元から社会の空気を変えていくために、一緒に声をあげましょう。

 

 公開されているWebサイトはこちらになります。↓

https://www.wwf.or.jp/campaign/zerocarbonisland/

 

Share:

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on email
Email